スピリチュアルカウンセラーいづどんの公式ホームページ


face4.jpgはじめまして☆
いづどんと申します。
名古屋で細々と生息しております(笑)

昔から植木が私に話しかけてきたり
人の心がよめてしまったり
写真を撮ったらいろんなものが写りこんでしまったりする事がありました。

でも
みんなそんなものだと思ってました。


ある日
よくあう金縛りにあっていた時
どうにも太刀打ちできなくて無意識に助けを求めました。

「山」に。

自分でも初めてみた山
何故そんな山に助けを求めたのかわからず
何年か後その山が実在してた事にも驚きましたが
とある神社のご神体として崇められていた○○山

そこに通うようになってからでしょうか
運命が大きく変わりだし
さまざまなご縁を持たせていただき
幼き頃からの出来事の意味を知っていきました。

でもまだその頃は将来霊視で人を救おうなどとは考えていませんでした。


それがある日
突然車に撥ねられました。
事故の規模のわりに奇跡的に無傷だったのですが
不思議な事に撥ねられる前後の記憶がありませんでした。

そしてその日を境に
「視る」能力が増してしまいました。

人の心の核・過去・未来・前世・守護霊・メッセージ
それぞれ人によって現れ方は違います。
私の場合、大概は心の眼と肉眼と2重映しのように見えます。

よく「前世は何ですか?」「オーラは何色ですか?」などと聞かれる方がいますが
私もよくは知りませんがそれはそうゆう研究を掘り下げた方の手法なのではないのでしょうか?
それが知りたければそうゆう研究をされた方にお聞きになるのがいいと思います。

私はただ見えたままを言うだけですので
お話の中で前世が見えてしまう場合もあります。
それはその方の心の中のキーパーソンだったからに過ぎません。

「今」より大事な事はないと私は思っています。

今のために必要ならば
前世も見せていただけますし
守護霊さんも現れてくださるのでしょう。
そう考えております。


ではどうして視えるのか
どうゆうしくみで視えるのか
私なりに考察してみました。

もともと脳は微量な電気信号で
記憶などを管理しています。
私の場合そこに強制的に違う電波を入れられるために
視えたりわかったりするのだと思っています。

なので私のボキャブラリーにない言葉は訳せません。
そうゆう場合は一番近いニュアンスを
スライドショーのように視せられ連想ゲームのように解いていかねばなりません。
だから知らない言葉も話せません。

「いづどん」という翻訳機だと思ってくださるとわかりやすいです。
翻訳機を使うのは守護霊さんかもしれないし
自分自身の魂の叫びかもしれません。
それは人それぞれ違いますので一概には言えないのです。

ただ出てきたメッセージに対して
全力で協力していきたいと思っています。


もともと視えるからといって
サイトを作ってより多くの方をとは思っていませんでした。
でもクチコミで広まっていくうちにキッチリしなくてはという思いもあり
周りの方たちからのススメや支えでこのサイトを作る事になりました。

サイトを作ってくれた方
体験談や紹介文を書いて下さった方々
背中を押してくれた霊能者の方々

心よりお礼を申し上げます。









TOP | プロフィール | お知らせ | 体験者の声 | ご依頼方法と料金 | ご依頼 お問い合わせ | リンク
Copyright 2007 IZUDON, All rights reserved.